出会い系サイトを使った体験談

処女の私が出会いで初体験を果たし、セフレになりました。

更新日:

私は20代後半でOLをしています。

恥ずかしい話なのですが、30歳を手前にして男性とお付き合いをしたことがあるものの、未だに性経験がありません。

私の周りの友人たちはもちろんみんな性経験があり、飲み会の席の恋バナになったときに「初エッチはいつ?」「今まで何人とエッチした?」といった話になると毎回誤魔化していました。

そんな自分がコンプレックスであったのですが、女性9割の職場では出会いもなく、合コンなどに行っても連絡先を聞かれたことすら1度もないので、処女を捨てたいもののその方法がわからなくて困っていました。

そんな時に「30歳までに絶対初エッチを済ませる」ということを決意し、最終手段で出会い系サイトに登録しました。

年齢は「20代前半」と多少サバを読んだのですが、処女であることは正直に書きました。エッチに慣れていると思われ、強引にされたくなかったからです。

しかし、そんな私のプロフィールを見て連絡をくれた人たちが何人もいました。明らかにチャラそうな人ばかりだったのですが、30代前半の人で、とにかく低姿勢で謙虚で真面目な言葉使いをする人が1人いました。

その人とは普段何をしているか、休みの日は何をするか、趣味は何なのかといった何気ない会話を続け、エッチな話にはなりませんでした。そこが却って私にとっては好印象であり、LINEの交換をしてもっと近い距離で話そうと思いました。

実際にLINEでのやり取りや電話でのやり取りである程度仲良くなった時に恋愛の話をして、エッチの話もしました。私はまだ処女なこと、しかしエッチには興味があることを隠さず話すと彼は

「僕も経験が少ないことがコンプレックスで…」

と話してくれました。彼とはフィーリングが合いそうなと思い、思い切って会うことにしました。

約束のその日、待ち合わせ場所に少し遅れてやってきた彼はどことなく不思議なオーラを出す黒髪の爽やかな人でした。

彼とまず食事に行き、街を歩き、バーでお酒を飲みました。

「この人ならいいかな」

と直感で思った私は彼に

「お泊りしませんか?」

と聞くと彼は頷いてくれました。そしてラブホテルに行きました。

私、そして彼の順でシャワーに入りベッドの上で何気ない会話をしていたのですが、彼が私にキスをしました。そして彼の手が胸に伸び、乳首を触りました。私はその気持ち良さに思わず声を出してしまいました。

彼はそのまま私の乳首を舐め、ゆっくりと下着を脱がせ、クリトリスを触って来ました。

「こんなに気持ち良いんだ…」

と思いました。無意識の内に声も出ていたのですが、彼も

「恥ずかしがらずに声を出してね」

と言ってくれました。

「手で扱く」「フェラ」という言葉は知っていたものの、私はそれの仕方がわからなかったのですが彼はわかってくれました。そして、彼は大きくなったアソコをゆっくりと私の膣に挿入してきました。

私にとって初めて男性のアソコが身体に入ってくる瞬間でした。とても痛かったのですが、彼が優しくしてくれたので繋がっている内にだんだんと良くなっていきました。

そして、彼は

「イクっ」と言いながら私の中で射精しました。

アソコを抜いた後のコンドームの先に溜まった精液を見て

「私は今初エッチを済ませたんだ」

と思いました。少しだけ血が出ていました。

その後、優しくしてくれたそんな彼とセフレになり、その後エッチの経験も積んでいきました。そして、次第にエッチが好きになっていきました。

 

-出会い系サイトを使った体験談
-, ,

Copyright© セフレ探すなら出会い系サイト!体験談やおすすめサイトを紹介します , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.